押見修造先生の漫画「血の轍」ネタバレや無料立ち読み 電子書籍をお得に読むための方法を紹介します

血の轍 ネタバレ 毒親の結末は 無料立ち読みのススメ

1巻 ヒューマンドラマ

血の轍 漫画ネタバレとあらすじ【押見修造が描く毒親に身震いしちゃったよ】

更新日:

血の轍

作者:押見修造

 

こんにちは。

ブログ管理人のアスカです。

 

押見修造さんの「血の轍」を紹介してます。

このマンガすごい!2018でランクインしてる大注目作品です。

 

 

テーマは毒親!

愛にこ殺される!

 

 

こんなインパクトのあるキャッチコピーでついつい読んじゃったのですが、、身体の奥底から湧き上がる恐怖を感じました。

登場する母親「静子」の愛情をどう捉えるかは読者にゆだねられます。

 

 

 

無料で試し読みが出来ます。

↓ ↓ ↓
公式サイトTOPページ
「血の轍」(ちのわだち)で検索して下さい。

BookLiveコミックは立ち読みを誰でも無料で楽しめます(*^_^*)

 

血の轍 あらすじ

中学二年生の静一は母静子から愛情たっぷりで育てられてきました。

 

 

 

毎日平穏で幸せな生活が繰り返される日常。

しかし、ある夏の日、その生活は一変してしまいます。

 

 

 

家族全員を巻き込み、奈落の底へ。

毒親静子の愛情が、、、しかし狂気へと変わってしまいます。

 

 

 

これは愛情なのか、、それとも黒く歪んだ嫉妬心と独占欲なのか。。。

平穏生活なのに毒を感じる母静子

母親と手をつなぎ、道路を歩く少年。

この少年は現在中学二年生の静一です。

 

 

 

猫が横たわっているのを見つけ近寄ると、その猫は残念ながら息をしていませんでした。

 

 

 

「どうしてしんじゃったの?」

 

 

 

母親の静子は不気味な笑みを浮かべ静一を見つめます。。。

 

 

 

この場面は静一が見ている夢。

この夢の事を母親に話すと、実は幼いころに実際にあった出来事でした。

 

 

 

この猫は何故死んでしまったのでしょう。。

物語を読んでいくうちに明らかになりますが、ゾっとすると思いますよ。

 

 

そんな話をする息子を見て、母の静子は嬉しそうに静一を見つめるのです。

そして、静一に抱きついていい?と聞き、拒否されます。

 

 

 

こんなシーンは思春期の男の子からすればウザい母親。

しかし、静一は母親の事が大好きなので、恥ずかしそうに拒否します。

 

 

 

1巻の前半では、優しくて綺麗な母親像が描かれていますが、時折不気味な黒い影を感じるような場面があります。

 

 

 

過剰なまでの愛情が毒親へと変貌していく様が生活感のある場面からリアルに伝わってきます。

平穏な日々なのに何故か恐怖を感じてしまう不思議な読感を与えられますね。

 

bookliveコミックで無料立ち読みが出来ます。

私のオススメはBookLiveコミックです。

無料漫画や人気の漫画が沢山あります。

 

 

 

なんといってもセキュリティ面で安心出来ますね(#^.^#)

docomoausoftbankの公式サイトなので信頼度も抜群の老舗です。

 

無料で試し読みはこちらです。
↓ ↓ ↓
公式サイトTOPページ
「血の轍」で検索して読んでみて下さい♪

-1巻, ヒューマンドラマ
-

Copyright© 血の轍 ネタバレ 毒親の結末は 無料立ち読みのススメ , 2018 All Rights Reserved.